進捗状況

I.原子炉の状態の確認

II.分野別の進捗状況


I.原子炉の状態の確認

1.原子炉内の温度

 注水冷却を継続することにより、原子炉圧力容器底部温度、格納容器気相部温度は、号機や温度計の位置によって異なるものの、至近1ヶ月において、約15~25度で推移。


2.原子炉建屋からの放射性物質の放出

2017年1月において、1~4号機原子炉建屋から新たに放出される放射性物質による、敷地境界における空気中放射性物質濃度は、Cs-134約3.5×10-12ベクレル/cm3及びCs-137約1.0×10-11ベクレル/cm3と評価。放出された放射性物質による敷地境界上の被ばく線量は0.00029mSv/年未満と評価。

(注) 線量評価については、施設運営計画と月例報告とで異なる計算式及び係数を使用していたことから、2012å¹´9月に評価方法の統一を図っている。
4号機については、使用済燃料プールからの燃料取り出し作業を踏まえ、2013年11月より評価対象に追加している。
2015年度より連続ダストモニタの値を考慮した評価手法に変更し、公表を翌月としている。


3.その他の指標

格納容器内圧力や、臨界監視のための格納容器放射性物質濃度(Xe-135)等のパラメータについても有意な変動はなく、冷却状態の異常や臨界等の兆候は確認されていない。

以上より、総合的に冷温停止状態を維持しており原子炉が安定状態にあることが確認されている。



II.分野別の進捗状況

1.汚染水対策

地下水流入により増え続ける滞留水について、流入を抑制するための抜本的な対策を図るとともに、水処理施設の除染能力の向上、汚染水管理のための施設を整備


地下水バイパスの運用状況


サブドレン他水処理施設の状況について


図1:サブドレン稼働後における建屋流入量評価


陸側遮水壁の造成状況


図2:陸側遮水壁(山側)の一部閉合箇所


*1:水位計0%以上の水量
*2:2015/9/10より集計方法を変更(建屋・タンク貯蔵量の増加量からの評価→建屋貯蔵量の増減量からの評価)「建屋への地下水・雨水等流入量」=「建屋保有水増減量」+「建屋からタンクへの移送量」-「建屋への移送量
    ï¼ˆåŽŸå­ç‚‰æ³¨æ°´é‡ã€ã‚¦ã‚§ãƒ«ãƒã‚¤ãƒ³ãƒˆç­‰ã‹ã‚‰ã®ç§»é€é‡ï¼‰ã€
*3:2015/4/23より集計方法を変更(貯蔵量増加量(①+②)→(①+②+※))
*4:2016/2/4,2017/1/19濃縮塩水の残水量再評価により水量見直しを行ったため補正
*5:建屋水位計の校正の影響を含む算出値(2016/3/10~3/17:プロセス主建屋、2016/3/17~3/24:高温焼却炉建屋)
*6:降水量は浪江地点(気象庁)を用いているが、欠測があったことから、富岡地点(気象庁)を代用(2016/4/14~4/21)

図3:滞留水の貯蔵状況


多核種除去設備の運用状況


タンク内にある汚染水のリスク低減に向けて


タンクエリアにおける対策


2号機海水配管トレンチ立坑C閉塞作業


1号機T/B滞留水処理の進捗状況


2.使用済燃料プールからの燃料取り出し

耐震・安全性に万全を期しながらプール燃料取り出しに向けた作業を着実に推進。4号機プール燃料取り出しは2013/11/18に開始、2014/12/22に完了。


1号機使用済燃料取り出しに向けた主要工事


2号機使用済燃料取り出しに向けた主要工事


3号機使用済燃料取り出しに向けた主要工事


3.燃料デブリ取り出し

格納容器へのアクセス向上のための除染・遮へいに加え、格納容器漏えい箇所の調査・補修など燃料デブリ取り出し準備に必要となる技術開発・データ取得を推進


1~3号機原子炉建屋1階線量低減状況


1号機原子炉格納容器内部調査に向けた状況


2号機原子炉格納容器内部調査に向けた状況


4.固体廃棄物の保管管理、処理・処分、原子炉施設の廃止措置に向けた計画

廃棄物発生量低減・保管適正化の推進、適切かつ安全な保管と処理・処分に向けた研究開発


ガレキ・伐採木の管理状況


水処理二次廃棄物の管理状況


5.原子炉の冷却

注水冷却を継続することにより低温での安定状態を維持するとともに状態監視を補完する取組を継続


1~3 号機原子炉注水量の低減


図4:3号機原子炉注水量低減以降の温度推移


6.放射線量低減・汚染拡大防止

敷地外への放射線影響を可能な限り低くするため、敷地境界における実効線量低減や港湾内の水の浄化


1~4号機タービン建屋東側における地下水・海水の状況



<1号機取水口北側、1、2号機取水口間>


<2、3号機取水口間、3、4号機取水口間>
図5:タービン建屋東側の地下水濃度


図6:港湾周辺の海水濃度



7.必要作業員数の見通し、労働環境、労働条件の改善に向けた取組

作業員の被ばく線量管理を確実に実施しながら長期に亘って要員を確保。また、現場のニーズを把握しながら継続的に作業環境や労働条件を改善


要員管理



図7:2014年度以降各月の平日1日あたりの平均作業員数(実績値)の推移



図8:作業員の月別個人被ばく線量の推移(月平均線量)
(2011/3以降の月別被ばく線量)


インフルエンザ・ノロウイルス感染予防・拡大防止対策


インフルエンザ・ノロウイルスの発生状況


協力企業棟運用開始


8.5、6号機の状況

メガフロートNo.5VOID(北側)水位上昇について